[Atom] wordcountパッケージの使い方と設定



Nプログラマです。

Atomでブログの記事を書いていると、今自分はどれくらいの文字数を書いているのかを知りたくなる時があります。

文字数の多さで記事の良し悪しが決まるわけではありませんが、自分がどれくらいアウトプットできたかがザッと見えると達成感がありモチベーションが上がったりします。

そんな時に使ったwordcountパッケージの使い方と設定をメモしておきます。

環境

アプリ名 バージョン
Mac OSX 10.13.6
High Sierra
Atom 1.41

インストール

Atomのパッケージを探してインストールするため、設定画面を開きます。

  1. Preference(設定画面)を開く(Cmd + ,)
  2. 左の項目からInstallを選択
/img/article/2019/11/29/01.png
設定画面を開く
/img/article/2019/11/29/02.png
Installを選択

今回は検索欄にwordcountと入力します。

そうすると、こちらの作者さんのwordcountパッケージが見つかるのでインストールをします。>> 作者さんのリポジトリはこちら

/img/article/2019/11/29/03.png
wordcountパッケージ

インストール完了後、パッケージの機能が有効にして完了です。

基本的な使い方

とりあえずパッケージを有効にしたら、画面下の方にこのような表示がされていると思います。
(もしかしたら赤と緑のゲージ(ゴール表示の機能)は、一番最初のインストール時は表示されないかもしれません)

/img/article/2019/11/29/05.png
エディタの下

ひだり側のWがWord(単語)で、みぎ側CがCharacter(文字数)です。

日本語を扱う場合はWordのカウントはうまくできないようなので、自分は文字数のみのカウントを使っています。

なプ

文字数がざっくりと分かれば十分ッス。

設定: 表示の切り替え

WordとCharacterの表示/非表示は、設定画面から切り替えることができます。

自分はCharacterの表示のみ必要なので、Wordは非表示にしています。

Atomの設定画面(Cmd + ,)を開いて、左のメニューからPackagesを開き、検索ウィンドウにwordcountと打ち込んで、先程インストールしたwordcountパッケージを探します。

/img/article/2019/11/29/06.png
インストールされたwordcount

次にwordcountの設定画面(Settings)を開いて、以下のチェックボックスのOn/Offで切り替えることができます。

/img/article/2019/11/29/07.png
wordcountの設定
項目 オン オフ
Show character count
【Character(文字数)を表示するか?】
する しない
Show word count
【Word(単語数)を表示するか?】
する しない

他の機能

これ以外に機能があるのですが、ほとんどがWord(単語)に依存する機能なので日本語の場合は使わないと思います。

ただ個人的に面白いなって思った機能をメモしておきます。

便利機能1: ゴール表示

設定画面でゴールとなるWord数を入力して表示させると、現在のWord数に応じたゲージが緑(現在のWord数)と赤(目標のWord数)で表示されます。

単語数が表示されるよりも達成感が得られるので、モチベーションが上がりそうです。

またこの緑と赤の色は変更可能なので、Atomのテーマカラーに合ったものに変更することができるのもいいですね。

便利機能2: 単価表示

ライターさんが使うような機能があり、Word数に応じて現在の文章がおいくらであるかを表示することができます。

1wordにつき0.5円、みたいに設定して表示することができるので、1000wordなら500円とか表示できるようになります。

最初は$マークの記号で単価表示されているのですが、こちらも任意のテキストに変更可能なので円や¥などに変更することもできます。

ふと思ったこと

先程紹介した便利機能は、Wordに依存する機能なのでこれらを使うことを諦めようと思いました。

が、しかし。

GitHubでMit Lisenceで公開されているから、Forkしてカスタマイズできそうだなと思いました。

単価やゴールゲージの計算部分をWordからCharacterに変更してしまえば、自分が欲しい機能になるのではないかと思いました。

なプ

Atomの勉強としてちょっとやってみようかな。

まとめ

今回は、AtomパッケージのWordcountについて設定や使い方、個人的な便利機能(Word単位ですが)の内容でした。

とりあえず日本語の文字数の表示が必要な時に使ってみるといいかと思います。

それでは、このへんで。
バイナリー!

参考: どんな感じでWord(単語)がカウントできないか?

先程Wordのカウントが日本語ではうまくできない、と書きましたがどんな感じでカウントできないかを試してみました。

例文: 私はりんごを持っている。

という文章をカウントすると以下のような結果になります。

項目 カウント数
Word 1
Character 12

手動で数えると「私」と「りんご」で2Wordとなりますが、Wordが1になっていますね。

なプ

「持って」は含める? ちょっとよく分からんない。

Characterは句点を含め12文字になっているので、カウントできています。

英語ならカウントできる

文章が英文なら問題なくカウントできます。

例: I have a pen.)

項目 カウント数
Word 4
Character 13

Iとhave、an、appleで4Word、Characterは空白を含めて16文字になっているのでカウントできています。



関連した記事