[IntelliJ] TerminalからPHPStormを起動させてみた

Nプログラマです。

ターミナルからPHPStormを起動してみました。

JetBrains TOOLBOXを使っていたためPHPStormのアプリケーションパスを探すのに少し苦労しました。

環境

  • Mac OS X High Sierra 10.13.6
  • JetBrains TOOLBOX 1.14.5179

パスを確認

まずはPHPStormのアプリケーションパスを探します。

MacのメニューバーアイコンからJetBrains TOOLBOX > 六角形のアイコン > Settingをクリックします。

/img/article/2019/06/11/01.png
Settingを開く

PHPStrom Settingという画面が表示されて、Install Locationというところにパスが表示されています。

/img/article/2019/06/11/02.png
インストールパス

おそらくパスが長いので表示が途中で省略されていると思います。

ShowをクリックするとFinderで開かれるのでそちらでパスを確認します。

Finderでパスバーを表示する

Finderの下にパスが表示されていない場合は、表示 > パスバーを表示で表示されます。

起動確認

先程確認したパスまでTerminalで移動します。

自分のパスはこんな感じでした。

\$ ~/Library/Application Support/JetBrains/Toolbox/apps/PhpStorm/ch-0/191.6707.66/PhpStorm.app/Contents/MacOS

パスが長い。。。!

cdコマンドで移動するとphpstormというバイナリがあるので、Macのopenコマンドを使い起動します。

# 移動
\$ cd ~/Library/Application Support/JetBrains/Toolbox/apps/PhpStorm/ch-0/191.6707.66/PhpStorm.app/Contents/MacOS
# 実行
\$ open -a phpstorm

実行するとTerminalからPHPStormを起動することができました!

毎回長いパスを打つのが大変なので、起動コマンドをaliasとして登録してみます。

複数起動について

PHPStormがすでに起動していると、そちらにフォーカスされます。

openの-nオプションを使ってみましたが、コマンドでは複数の起動はできませんでした。

zshにaliasを登録

先程調べたパスを使って、設定ファイルにaliasの設定を記述します。

自分はzshを使っているので、.zshrcに以下の記述を追加しました。

alias phpstorm="open -a ~/Library/Application\ Support/JetBrains/Toolbox/apps/PhpStorm/ch-0/191.6707.66/PhpStorm.app/Contents/MacOS/phpstorm"

最後に設定を再読込します。

source ~/.zshrc

登録したaliasでphpstormを起動してみます。

\$ phpstorm

おぉ〜!起動しました!

おわりに

今回はTerminalからPHPStormを起動してみるメモでした。

ファイルパスを調べたらAndroid StudioRiderなども起動できると思います。

とはいえVimのように頻繁に立ち上げたりしないので、JetBrain TOOLBOXDockに駐在させて起動したほうが楽かなと思ったり。。。

それでは、このへんで。
バイナリー!

参考