[FuelPHP] バージョンを確認する3つの方法



Nプログラマ(@Nprog128)です。

今回は、使用しているFuelPHPのバージョンを確認する方法をメモリアとして残しておきます。

概要

目標

  • FuelPHPのバージョンを確認する

事前の準備

FuelPHPの環境構築済みであること。

バージョンの確認方法

その1: oilコマンドの-vオプションを使う

fuelPHPのプロジェクト直下にoilコマンドがあるはずなので、そこまで移動した後に以下のコマンドを実行すればバージョンと環境情報が表示されます。

コマンド

1php oil -v

結果

1Fuel: 1.8.1 running in "development" mode

これはFuelPHPのドキュメントのoilユーティリティにチョロっと記載されています。

» はじめに - Oil パッケージ - FuelPHP ドキュメント

なプ

ちょっと気づきにくいですね。

引数ですが、-vの他に-versionでも同じ結果が得られます。

またハイフンの数を増やして、–versionも—-versionでも実行できます。
(どんな仕組みになっているのでしょう?)

fuelのcoreリポジトリのcli.phpとoilリポジトリのcommand.phpで引数の処理をしているみたいなので、また時間がある時読んでみよう。

なプ

果たして、その時は来るのだろうか。。。?

その2: oilコマンドのコンソールを使う

oilコマンドはコンソールが起動できるコマンドですが、起動時に環境情報を表示してくれます。

この中にfuelのバージョン情報が表示されます。

コマンド

1php oil console

結果

1Fuel 1.8.1 - PHP 7.2.12 (cli) ...
2>>>
なプ

ただdevelopmentなどの環境情報が表示されてないですね。。。

その3: ソースコードから確認する方法

その1(oilコマンドの-vオプション)で結果を出力している部分の ソースコード を読んでみると、\Fuel::VERSIONが使われています。

なので、この定数が定義されているところを探せばいいですね。

fuel\coreリポジトリの中にfuel.phpがあり、そこに以下のように定義されています。

コードはfuelの環境構築時に入ってくるので、プロジェクト直下のfuel/core/classes/fuel.phpにあります。

 1<?php
 2
 3class Fuel
 4{
 5    /**
 6     * @var  string  The version of Fuel
 7     */
 8    const VERSION = '1.8.1';
 9    /// ...
10}
11

fuel/core/classes/fuel.php より引用。

ここまで書いて思ったのですが、開発中のコードであればcomposer.jsonでも確認できますね。

なプ

1.8.*という書き方だったら、最後が分からないですが、、、

終わりに

今回は、fuelPHPのバージョンを確認する3つの方法、という内容でした。

Tips的な内容でしたが、お役に立てれば嬉しいです。

それでは、このへんで。
バイナリー!

参考

\ ちょっとお買い物 /


関連した記事